2016年05月11日

子供の宿題を見なければならないのに、上司が引き止めてくる

新しい上司が来ました。どんどん新たな事を入れていきます。それに関してはいいのですが、話がかなり好きなようで一番忙しい時間帯に常勤が呼ばれ話を延々としてきます。

始めは粗を見付けてそれに関する改善策を言え、とそれらしい話から方法が見付からなければ例え話をします。その例え話が終ると結果、自分って凄いという体験談をします。

仕事で一番忙しい時間帯に常勤が数人抜けてはその様な事ばかりです。アルバイトのスタッフがそんな状態なら働きに来ない、と言い始め最近ではアルバイトが激減しました。

その責任は常勤のアルバイトに対する対応の仕方だと今度は言い出しました。もういい加減ムカついたのでそれに関して反論するとそこから2時間の話が始まりました。

帰宅間際の私を捕まえてわざわざ他のスタッフが居る前でその様な話をしてきます。もし私が本当に理解出来ていなくて注意が必要な人材だったとしても人を指導する方法も分かっていない人には言われたくない、との気持ちでいっぱいです。

こっちは子供の勉強についても色々考えなければならないのに勘弁して欲しいですね。ただでさえ時間は貴重なのですから、大事にして欲しい。

私は子供の勉強については心を砕いていますが、特に宿題は自分で見るようにしています。やっぱり、宿題をするという習慣をつけるのが大事なのではないでしょうか。

小学生のうちは親も宿題の答え合わせをした方がいい理由

ここにもあるように勉強する習慣をつけるのが小学生においては一番大事なのではないでしょうか。それさえできれば後は自力で何とか出来ると思います。



Posted by だんだん at 23:38│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。